暇なときに綴る日誌


by kenhorike5533
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブルキナにきて 本が好きになった 今までの何倍も読んでる
中東 ヨーロッパ アジア の歴史 紛争 民族 そして日本史 読めば読むほど ああ 自分は勉強不足だな~って痛感してしまう・・・ 
日本 日本人 どの角度から見ても 特色あるな~って思う
あと2ヶ月 集めるだけでなく 頭を整理しないとな~

晩ご飯 街中で女の子が揚げ菓子うっててお金払って持ってきてねって言って 違うとこで座ってのんびり  忘れてる。 1時間後くらいに 帰り寄ったら 目が合った瞬間
「うわ~!」っと言いながら 頭抱えて 母と自分に 忘れてたと謝ってきた
なんてしょうじきなんだろう こんなところをしっかり学びたい 心が暖かくなって微笑むのみ

サッカー道具大体配布終わった
協力してくれた先生が家に夜来た もう20時を過ぎてる 残業してて今帰りらしい
感謝の言葉をかけられ
「こっちこそありがとう 先生みたいに頑張ってる人の気持ちは無駄にしたくない そういう思いでやったからこれだけ集まった」
と言ったとき 初めて 校長の涙を見た
ブルキナにきて 何度かブルキナベの涙を見たが
気持ちが伝わるときは 余計な気持ちがないときだなって思う
[PR]
# by kenhorike5533 | 2011-02-07 18:50

ワイグヤ あつい

2年間 金や物にできるだけ頼らないようブルキナベと活動してきた。
色々なものを要求してくる それを拒んで自分の立場を理解してくれる人を中心に活動を進めた。前任から引き継いだところは要求が激しく半年で活動を打ち切っていた。

ここにきて日本からきた大量のサッカー道具を子どもたちに配布した めっちゃ喜んでくれる子どもたちに感動した

でも先生や環境省の職員・他の省庁の役人たちも自分が関わりたいし、少しでも自分の関わっている村や小学校に配りたい。 見栄もある。 何よりもシューズやボール、ユニホームを見て 皆の目の色が明らかに変わった。 全部本物。 ブルキナでは手に入らないものだらけ。 日本の子どもにロレックス配る より皆にとっては高価なものばかり。 最初 送ってくれた人への感謝や 環境教育と合わせるなど 考えたが、 ブルキナベの目の色が変わって、方針を変えた。ただひたすら配ろう 恩ぎせがましいことは一切せず。 モノが絡めば何度も感謝されるし
「来てくれてありがとう」
「けんがいてよかった」
など色々言われたが あんまりうれしくなかった。

「みんなの好きなものもって来たよ 当ててごらん」
と言ったときの子どもたちの輝く目だけは一生忘れられないだろう。

すばらしい道具を送ってくれた北海道の仲間に感謝したい。

ただ大海の一滴 まだまだほとんどの村の学校にはボールがないし 街の大会でもシューズやソックス レガースはない 今後も送り続けたい


f0204711_1982381.jpg



めっちゃ喜んでくれた知的障害者の子どもたち


f0204711_1992033.jpg



サッカー大好き!


f0204711_1910359.jpg



グランドないで~す・・・ でもボールや道具に大喜び


f0204711_19115197.jpg



過酷です 夕方なのに めっちゃ暑いし


f0204711_19132140.jpg



でこぼこなだけでなく 石や サハラ特有の棘の木がそこらじゅうにある


ひどい砂だ リュック 財布など すべてのチャックが壊れた 残り2ヶ月我慢我慢

f0204711_19164467.jpg

[PR]
# by kenhorike5533 | 2011-01-29 19:23

suna

久々の任地ワイグヤ 残り2ヶ月だと思うとしみじみ そして砂嵐!

中標津の先生と連絡の回数が増えてきた ああ 帰るんだな~

f0204711_19245063.jpg


北海道・埼玉から送られてきた大量のサッカー道具はブルキナの環境省・教育省・保健省の重役会議が開かれたり大事になってきてしまった・・・うれしい悲鳴だ
環境省新年会でディレクターが挨拶で名指しで仕事の様子などを紹介してくれた。こういうちょっとした気遣いでうれしくて泣きそうになる。


f0204711_1929195.jpg

帯広でついに展示会が始まった!準備や報道関係者への連絡を離れているため手伝えることはほとんどなかった。仕事で忙しい中、全てを心を込めて進めてくれたJICA帯広に感謝感謝感謝

こうじろうがモロッコからブルキナにきた そしてずっと体調壊して寝てる・・・「ブルキナの洗礼をあびた!」らしい

f0204711_1927206.jpg

こうじろがのったバス

f0204711_1930899.jpg

バス乗りながら撮ったらしい

そんな中 もっとも過酷なサハラルートを体験させた(ワイグヤ‐ドリ)

9時間で着くところを2泊3日!!バスは窓ガラスなくイスも取れてる・半分からはトラックの荷物の上!アルカイダもそんな乗り物は襲わないのかな
途中、現地語もフランス語も話せず 過酷な気候・電気・水道なしで砂の2泊!大変だったろうな~ 
[PR]
# by kenhorike5533 | 2011-01-20 19:31

a happy new year

あけましておめでとうございます

ブルキナは支援慣れした国 一方
モロッコは観光客慣れした国 そう思うことばかり ちょっとガッカリだった
下の写真のように楽しかったし 自然・歴史 観光資源にはめちゃくちゃ感動!すごいの一言
ただ ずるくても どうにか金を稼ごうとする人だらけ 笑顔で寄ってきて やさしくして 最後にお金を請求する
 たまにいい人がいるとかなりホッとした

モロッコは嫌いになって出国する人が多いらしい まあもちろん観光地中心に行ったわけだし 普段の生活なら皆やさしいのかもしれないけど

ブルキナに帰ってきて ブルキナ人の見返りなんて考えないきもちいい笑顔や 挨拶 やさしさにふれて かなりホッとした あ~ ブルキナ~

モロッコでたくさん日本人に会った ブルキナの名前すら知らない人が多かった
ぜひブルキナにきてほしいな~ まったりアフリカ
 


f0204711_17382291.jpg

モロッコのほとんどの町は歴史的建造物であふれてる ただただ感動


f0204711_17401980.jpg

家も看板もタクシーでさえ青い町 なんとかわいい町 赤一色 白一色の町もある


f0204711_17414465.jpg

皮なめし すごい臭い そこらじゅうの屋上に色つけた皮が干される


f0204711_17435594.jpg

フェズ刺繍 がんばれマダム!


f0204711_17453638.jpg

3週間いろんなホテル泊まったが 凝ったホテルが多かった


f0204711_1749756.jpg

ブルキナにはない海 そして毎日見れた夕日 タンジェではスペインが肉眼で大きく見えてビックリ


f0204711_17513573.jpg

8つの世界遺産の1つ マラケシュの露店 すんごいパワーを感じた 旅行で日本人慣れしてて おもしろさ半減だった


f0204711_17524366.jpg

露店で 大道芸や色んなことしてるひとがいる ペットボトルつり 皆真剣 釣れた人は なぜか返金でボトルはもらえない 釣った外人は苦笑い


f0204711_1753214.jpg

ブルキナにもこんな砂漠があればな~ 穿いてるのはタイツ 半そで短パンでモロッコに行き あまりの寒さにタイツと帽子を購入 まあ3週間着替えなしで過ごした弟より ましだ


f0204711_1754194.jpg

砂漠 ラクダの上で見る朝日 優雅なようだが 寒すぎ


f0204711_1758566.jpg

一周なんもない 奥はアルジェリア国境 ラクダとメリークリスマス


f0204711_17585328.jpg

砂漠で星を見ながら 寝る 寒くてウォッカを飲む が 寒すぎ


f0204711_1812460.jpg

砂漠2日目 クリスマスを4人で過ごす 料理はタジン モロッコは朝から晩までこのパンが多い


f0204711_1815225.jpg

砂漠から出た次の日 ラクダ肉のサンド食べる めっちゃおいしい 吊るされてるのはラクダの頭 ソーセージも全部ラクダ肉 
[PR]
# by kenhorike5533 | 2011-01-08 18:08

感動

ブルキナ人は 自分に似てる
考え付いたら即行動 なんも考えない これは言い過ぎか
SIAOが終わってから 啓発活動にサッカーボールを使いたい!っと言われた
う~ん めんどい って思ってたら 電話が何度も来て もうアメリカ人やドイツ人と計画してるから50個ボールを買う!って言われ1個700Fだよ?って言うと し~ん
どうやって作るのって聞かれて それならただだし簡単だよ 作りなよって言うと さっそくチャレンジしたらしいがうまくいかず やっぱ買うっと言ってきた お金はあとからってボールを持っていった そのあと あ~ もう払ってくれないだろうな こっちが先にお金もらわないで渡したのが馬鹿だった はぁ って落ち込んだ
それが1ヶ月くらい前 どうせ啓発活動もグダグダで うまくいかなかっただろうし お金もいいやって思ってた

そしたら今日 いきなり首都までお金を払いに来てくれた 30000F これは1月の平均給料より高い額 疑ってたし あきらめてたのに・・・
啓発活動の写真も見せてくれて 大成功だったと知った
お金を後から払うということを信じて 急な要望を聞いてくれたと何度も礼を言われた
自分が恥ずかしくなった でもそれ以上にめっちゃうれしかった
ああ いい気分で6時間後にモロッコへ!


f0204711_6385183.jpg



イベントで30の小学校に配ったゴミ箱 う~んブルキナの団体でもバックに海外がついてると金があるな


f0204711_640773.jpg



多くのお偉いさんがセレモニーに参加したらしい


f0204711_6404338.jpg



ほりけ考案エコボール!これにゴミを詰めて子どもたちに配ったらしい
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-12-15 06:46

独立記念日

1月から帯広と浜中でやるブルキナ・北海道の子どもたちの絵画展示会のポスターやパンフレット・雑誌の記事などが送られてきた!
こんなことって実現できるんだな~ なんでもやってみるもんだな~ ってしみじみ思う
1月15にち30分間ラジオで宣伝!そんなに間が持つのやら・・・ 何話そう♪

自分の手の届かない北海道で着々と進む展示会準備
北海道から飛行機・船便で届いた大量のサッカーボール・シューズ・ユニホーム

学校植林も落ち着いたし
1~3月は 北海道と関わる活動に集中しようと思う

これからモロッコで弟と会う予定!カナダでもどうにか会えたから モロッコでも会えるだろう・・・


f0204711_23511373.jpg



JICAが作成してくれたポスター う~んかっこよし


f0204711_23545564.jpg



裏面 ブルキナの子にも約して見せてあげよう


f0204711_133142.jpg



これ以外にもたくさんのボールやユニホームが! 夢が膨らむ
よくこんなにたくさんの道具を集めれたな~ ただただ感動です

12月11日は 独立記念日 しかも今年は独立50周年 ブルキナの皆さん おめでとう
ワイグヤより北部に1時間の町チタオの式典に参加した 炎天下 風は弱いが砂がひどかった。 目も耳も鼻も服も靴も みごとに砂一色になった ブルキナの人たち朝から暑い中 直射日光によく耐えられるな~


f0204711_2356158.jpg



行進 延々と続く 朝7時から11時まで みんな日向で立って待つ


f0204711_2357826.jpg



行進する子どもたち めっちゃきちんとする かわいい よくぞ長時間たえたぞ


f0204711_23581016.jpg



会場は電気も通ってない村ですな


f0204711_23585130.jpg



上司とまったり 打ち上げ
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-12-13 00:04

わいぐや

任地でのんびりした毎日 
夕方ちょっといいことがあった だから夜ビールを飲んだ

上機嫌で歩いてた帰り道
道で車椅子で顔を伏せてる浮浪者(女性)がいた
車椅子はゴムなんてなくてホイールだけ
寝てるのか 死んでるのかとも思った
そのまま通り過ぎた後 
自分はこの国に何しに来たんだろうって考えながら歩いた
楽しんでることや ビール飲んでる自分にイライラした
ふうっと決意し 引き返して 声かけてみると ビックリしてた
笑顔で「おこしてくれて ありがとう」って言う
仕事もしてないし 家も家族もないし このまま車椅子で寝るという 
そんなにご飯も食べていないだろう
少ないが お金を渡した
お金の支援はしない 物乞いに金はあげない そう決めてた1年前じゃ考えられないな
まだ時間あるし この人たちとの活動を考えてみようっと

f0204711_18273297.jpg


もうそろそろ砂の季節 太陽も星も見えなくなる さらば夕日 この水もすべて干す さらば池
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-11-27 18:29

たばすき

火曜日タバスキがあった。大きいモスクに大量の人が集まって祈る 行くと入れてくれたし 祈りようの敷物をマダムが貸してくれた。彼女は地べたで祈ることになった。イスラム いや ブルキナベの 皆で分け合うという精神は本当にすばらしい 持ってる人がもっていない人へ だから 最初は物や金をねだられても理解できなかった その考えがブルキナベには逆に理解できない。
その後 ムトンを各家庭でトサツ。いろんなところで 家庭で 料理とくに肉(とり・ムトン・牛)を振舞われた。 日本で家族や友達と なんでもいいからパーティーをしてて 部外者が来たらどう対応するだろうか? どこにいってもイスラムでもブルキナベでもない自分たちをもてなしてくれる精神に感動した こんな広い心を持ちたいと思った。 まあ うちにいきなり入ってくる子どもに優しくできる日はこないだろうけど・・・ 

そういえば 任地の交通事情
任地からさらに奥に行くバスは、大型なのに窓ガラスや座席がはずれてるし、タイヤは信じられないことにヒモで縛ってあり、屋根にはバイクやヤギ、中には鶏・・・ 砂が舞う灼熱の地で起こる「そりゃそうだろっ!」という事件。寒い北海道でアフリカントラブルを想像してみてください
そして昨日バイク乗ってて 交差点で ブレーキ壊れたというトラックが横から猛スピードで突っ込んできて 本当に死ぬところだった ブルキナで初めてびびった

明日は4年に一度の大統領選挙



f0204711_0414739.jpg



実際のバス この後 いきなり猛砂吹雪に見舞われた タイヤしばり中 外国人苦笑い


f0204711_0421332.jpg



雨降らないが 隣町で降ると大騒ぎ 水は干からびた大地には染み込まず ど~っと流れるのみ この村にはまったく降ってない が いたるところで水没


f0204711_0431840.jpg



タバスキの日 みんな一張羅


f0204711_0434970.jpg



朝ムトンを解体 夕方には各家庭で食べてる


f0204711_0444334.jpg



国民広場で祈る 埋め尽くすイスラム教徒 ちなみに日陰ないし暑い


f0204711_0454815.jpg



殺さないで~っと逃げるムトン


f0204711_0462740.jpg



夕方から どこもかしこも祭り クリスマスとかもそうだが 祭りは皆参加 イスラム・キリスト関係なく皆で食べて踊り盛り上がる
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-11-21 01:02

すっきり

5月、任地ワイグヤで布サッカーボールを使用しゴミ拾いイベントを行った。その後、首都の事務所で環境啓発を目的としてボールを展示していた。6月から南アでW杯があったこともあり、このサッカーボールを使いもっと大きな啓発ができないか?という話からブルキナで一番大きなイベントであるSIAO2010への参加を決意した。
環境省はすぐに同意してくれ話が進むかに見えたが、スタント代が高く、SIAOでの活動が不透明な点が多くJICAからは中々承認されなかった。
環境省の了解を受けた後、グループメールで展示販売・ゴミ拾いへの参加を隊員に呼びかけた。その結果、展示販売への参加4団体、SIAO協力ボランティア11名となった。人数も増え金銭面で変更点が多く出た。
実際の準備は想像以上にはかどらなかった。結局本番までスケジュール・要項を入手することができず、2年前に出店している3団体からも販売データ等参考になるものが得られず、すべてを想像で進めるだけとなった。ボランティアも参加団体もブルキナ中に散っているため顔を合わせて話し合うこともできず、連絡をうまく取れない隊員もいた。
16人分の入場許可証を要求していたが思った以上にうまくいかなかった。8月から毎週SIAOに行き環境課の担当者と話し合い、そのたびに「その活動はすばらしい!入場許可証は問題ない」と言われていたが、環境省からの要求書を紛失したり、お金を要求されたり、いなかったり。結局入手できたものの一番振り回されたものが入場許可証だった。
SIAO3週間前に環境省で参加NGOと上司(DP・DR)と最終調整を行った。そこで横断幕に環境省の名前を入れるのなら誰か職員を派遣しなければならない、それが無理なら環境省の名前はかけないと言われ、話し合いの結果環境教育担当のボンクングーが参加することに決まる。その場で日当等一切出ないという話をするとJICA苗畑プロジェでは日当や宿泊費が出てるから出ないのはおかしいと言われる。その場にいたNGOの人も事前に納得していたはずなのに出せといってくる。結局お金が出ないことを了承してもらい、参加できることがどれだけ大事かを確認し合い話し合いを終えた。その話し合いの中でNGOの二人がSIAO近くに住むボンクングーの家に泊まることが決まったのはうれしかった。
SIAO2週間前にDRから全国の環境省・中央各省に参加報告を行ってもらう。上司が参加を喜んでくれ活動を積極的に後押ししてくれることが大きな支えとなった。

小学校でゴミ拾い・環境教育
当初はワイグヤで環境省と協力の下、ゴミを集めボールにゴミを詰めるイベントを企画していたが、SIAO自体の目的が変わり広報活動をワガでするためSIAO周辺の小学校でも実施することとなった。
SIAO周辺の学校で環境に興味があり、物や金を要求してこない学校がここだったので少し遠いがウェングディ小学校を選んだ。

15時はまだまだ暑くゴミ集めは厳しいものとなってしまった。先生からゴミを集める意味・分別することを説明してもらい男子が「燃えるゴミ」女子は「燃えないゴミ」と担当を決め45分間行った。
その後、早く帰りたいから先におもちゃ作りをやってほしいという記者の意見を無視してボンクングーに環境教育「ゴミ」をしてもらう。
その後、隊員を中心におもちゃ作りを実施する。
これからSIAO期間中みんなと協力できることを心強く感じた。
翌々日の新聞報道ではカラーで大きく取り扱ってくれた。結果が形になりにくい活動なだけに士気が上がる要因となるはずだった。しかし、名前・写真が載らなかったボンクングーがSIAOに参加しないと連絡してくる。もうナレルバの二人がワガに向かうバスに乗った後の話である。宿泊地はどうにかなったが、彼に期待していた責任感ややさしさがまったく感じられず、とても残念だった。

SIAO本番(2年に1度のアフリカ民芸品展示会)
今回のSIAO参加は協力してくれる隊員が多く、裏方に徹することができた。展示販売・ゴミ集め・ゴミおもちゃ作りイベントをそれぞれチーフの隊員がその他の隊員・ブルキナベと協力し実施してくれた。10日間は長いが、最初からできることばかりではなく段々改良し、より良いものにしていく期間としては程よかった。
商品の配置をどうするか、ゴミ集めの回数や時間、取材の対応を誰がするか、食事について、そろいのTシャツに1団体の名前しか入っていない、偽札、もっと根底から目的について、疲れや予想以上の暑さの中、様々な問題が噴出したが皆逃げることなく話し合い解決していった。(この暑さ・・・いるだけで大変)
日本人だけで参加できればどれほど楽だっただろう。しかし、様々な問題をブルキナベと協力し解決し、彼らからも多くのことを学ぶことができたことを考えると今回の活動はとても大きな意味があった。小学校・事前準備、そして本番10日間、活動が様々な形で結果となり参加者の大きな支えとなり自信となった。好調だった展示販売、新聞・テレビから注目を浴びたゴミ拾い活動、毎日人だかりが絶えなかったおもちゃ作り、そして書道イベントでステージに上がらせていただきSIAOで行ったJICAの活動紹介。参加者(日本人・ブルキナベ)が笑顔で自発的に活動し支えあえたことが何よりもうれしい。任地に戻った後、配属先との関係を心配していたが、環境省の職員が皆参加をねぎらってくれた。


f0204711_18351969.jpg



SIAO最終の土日 最後花火で感動的なフィナーレって思ってたのに 何十発で あっけなく終わった・・・ 低くて SIAO内から見れないし いよっ ブルキナ!


f0204711_18355980.jpg



にんちから連れて行った 村の二人 ワガが初めてで フランス語もしゃべれず 人 警察 車 すべてにおびえてて大変だった ふたりの笑顔はメンバーのオアシスになった


久々の任地は乾季がスタート 砂ぼこり ひどい・・・

今年は大統領選挙(今月) アフリカ的に8年は今の大統領でかたいらしい 自分が再出馬できるよう法律も変えたらしい アフリカ的なことらしい
ブルキナ中 コンパオレ大統領の顔入りのTシャツや服であふれてる 大統領も着てる 恥ずかしくないのだろうか!? これだけ物ばら撒く金をどうしたんだろう!? 金と物さえもらえれば 集まるし 文句も言わない 民衆。SIAOは終わったが これから タバスキ(ラマダンあけ1ヵ月後の祭り) 選挙 独立記念祭 アフリカ映画祭 とブルキナでまれに見る目まぐるしい行事が続く!


f0204711_18365814.jpg



みんな着てる うしろの馬も写真貼ってるし 乗ってる人も全身コンパオレの写真入の布


f0204711_18373074.jpg



会場にあふれる 人 そして ゴミ

うちのガルディアン(警備員)間が悪い ラマダンの打ち上げも タバスキも 祝儀を渡そうとしたときに限って寝てる 運のない人だな~


f0204711_18384688.jpg



任地に帰ってきて 同僚と植林後のケアで村へ 柵つくり 左が 私のNEWバイク クリプトン!同僚とお揃い


f0204711_18392112.jpg



土日 環境省で 5つの村から小学生から高校生まで集めて環境教育 隊員がいなくても この環境省問題なし みんな仕事の意識が高い
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-11-15 18:48
ほりけプレゼンツ!環境啓発イベント
長い2週間が や~っと始まった 長い準備期間だった

SIAO前に小学校で事前イベントを企画
たくさんの協力者が集まり良きイベントじゃった



f0204711_6461962.jpg



小学校でのゴミイベント ゴミ集め・環境教育・リサイクルおもちゃ作り 長き暑き一日


f0204711_6471691.jpg



カラーで新聞に出た でも載らなかった人がスネてSIAO不参加決定 ありえね~


2年に1度ブルキナで開催される西アフリカ最大のイベント
「SIAOアフリカ民芸市展」10日間
6月に参加を決めてから 予想はしてたけど それ以上に アフリカ風に振り回され 混乱に陥り 激しい毎日が今思えばあっという間に過ぎた。
協力してくれる10人の日本人・5人のブルキナベ みんなが別々の地にいて 情報交換もままならず なんど参加を後悔したか・・・

でも皆が首都に集まってからは 問題も共有できるし 楽しくなった
でも毎日の開始時間が伝えられず出展者も入場者も毎日 炎天下 大混乱
入場許可証が手に入らない人がたくさんいたり 日本人ブースはめだっていて取材が多く 誰が映るかでブルキナベがもめたり 宿提供者が消えたり 日本人では考えられない問題が毎日朝から晩まで続く・・・ もう開催して5日目なのに落ち着かないとは・・・ 
でもJICA販売ブースも好調 ゴミ集め活動も注目を集め リサイクルおもちゃ作りもゴチャゴチャの人だかり あと5日間 いい結果が残せるといいな



f0204711_648657.jpg



日本ブース用 「顔出し」 大道芸 手品 音楽 協力してくれる皆芸が多彩・・・


f0204711_6484615.jpg



日本人ブース 環境啓発商品(ゴミリサイクル品)・日本人支援障害者団体やNGO製品を展示販売


f0204711_6492857.jpg



開会式 舞台裏 人の量 物の量 すごい


f0204711_650360.jpg



会場内を 一日2回ゴミ拾い たくさんの協力者


f0204711_6505622.jpg



日本人ブースめだつ 取材がたくさん!みんなテンション高い


f0204711_6514916.jpg



リサイクルおもちゃ作り 環境教育・幼児教育隊員がタッグ! 珍しさからかワンヤワンヤの人だかり


[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-11-03 07:03

SIAO

はあ やっとSIAO(アフリカ文芸市店)2年に一度西アフリカ最大のイベントが始まる
なんも考えず(ちょっとは悩んで)7月に出展応募して 本当にビックリするくらい疲れた
アフリカ的な運営 任地とはなれた首都での開催 環境省との関係 NGOとの関係 各地の日本人との連携 
もう そりゃあ大変だった なんども後悔した アフリカ来て こんなイライラする機会が来るとは・・・

明日の小学校環境イベントから2週間が本番 もっとハプニングだらけだろう

でも ここに来て 配属先・日本人・関わる色々な人が これを実現できたことを喜んでくれて やっと心が熱くなった

これからは参加する皆と直接話せ 一緒に行動できる こっからのハプニングは笑って乗り越えれるはず!


f0204711_614140.jpg



ゴミサッカーボール 色んな人が色んな布で作ってくれた 210個 この人が頑張ってくれてる


f0204711_614475.jpg



8月からずっと 週末はSIAO ああ 平穏な土日を早く迎えたい


f0204711_615402.jpg



一緒に出展希望してきた障害者施設の所長 感謝してくれてる 出展料はバカ高く 簡単には参加できない


f0204711_6162825.jpg



なんど交渉しなければならないのだろう 要項も配られず・・・ そんなバカなってことが続く


f0204711_6174199.jpg



任地のNGOの代表と 最初いくらでもお金を出してくれると思われてた 感謝とお金は比例する


f0204711_6182922.jpg



参加をOKして 一回目 行くと拍手で迎えられ 手作り商品をくれた 感動
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-10-25 06:33

なつかぜ

去年より雨季が粘り強く長い気がする

日本からサッカー道具が届いた
サッカー熱血の校長先生に見せると 15年ワイグヤで働いてるがこんなうれしいことは初めてだ 早くサッカー大会企画しよう! っと言ってくれた
12月以降に ゴミ集めや種子プロジェと掛け合わせて 企画しよう ちょいずるいけど こうやってモノがあれば みんなやる気出るし うまくいくだろう

日本への絵が描けた
日本の子どもたちと同じテーマ「私の大切なもの」で描いたが まったく違う絵が美術館に展示されることだろう 


f0204711_1635672.jpg



我が家で 校長と


f0204711_1684228.jpg



はだし


f0204711_16101594.jpg



先生も真剣


f0204711_16125349.jpg



昼寝する女の校長 自由である
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-10-16 16:16

monsieur Tinto

Bon arrivé m Tinto,
je suis trés content d'rencontrer sur l'intarnet.
voici nos photo!
j'explique notre travail de projet moringa en langue Japonais suivent:

最ず~っと微熱がある やな感じ

首都の高校の先生から植林したい!今すぐしたい!土地はまだない!すぐ見つける! 2000苗やりたい!どうすればいい!?
って言われ いやいや もうちょい計画したら?って思ったけど こういう考え方好きだから のった~!
アルゼンチーナの種収穫は4月 その時点で無計画!ワイグヤで気合いで種子探したら 種持ってる苗畑職人は足元見やがって2000粒で10000Fっていってきた 大金です そもそもその種子半年前俺と集めたやつじゃん・・・ 6000Fで説得したが こんなにいつも協力してる人にこんなお金はらうって!やだ~って思い 首都で先生に この種は高すぎる!買いたくない!先生に売りたくない!4月まで待とう? っと言ったが 先生はひたすら感謝して お金を払ってくれた こういう人は支えがいがある うれしくなった 罪悪感もあった
その夜 先生からメールで 700粒しか入ってない!ってきた
ごめんなさい 明日4000F返します
って打ったら お金は気にするな これからもよろしく!って返信が来た

無鉄砲で 楽観的 無計画 
でも約束を守り 仲間を大切にし 笑顔と感謝の気持ちを持つブルキナベ
あと半年でどれくらいの出会いがあるだろう 自分しだいだろう


f0204711_17583973.jpg



苗や植林する場所を探す 首都は広くてよくわからん


f0204711_1805198.jpg



アフリカで出回ってる水 普通はそこら辺の水 衛生意識する人や金ある人は これを飲む(10円) 先を口ででちぎって飲む これが町中のゴミとなる これをポットとして再利用する 手前がアルゼンチナ(モリンガ)種子


f0204711_1815315.jpg


高校の先生 今農業高校を建てようと動いている で 声がかかった
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-09-21 18:07
Cher Bonkoungou

Bienvenue à mon Brog ( Ken ).
Après, Dite-moi qu’est ce que vous pensez sur mes photos.
Bon voyage dans mon univers !


今日はいいことばかりだった
だから単純に内容も楽観的!

植林シーズン

アフリカのイメージ そして他任地の職場の話
そんなもの吹き飛ばすぐらいワイグヤの環境省はすばらしいと思う
上司が特にしっかりしていて 時間や倫理は日本と変わらない
雰囲気もよく 森を守り育てようというのが伝わってくる
自分のフランス語には いつも気を使ってくれ ゆっくりとした会話からみんなのやさしさが伝わってくる
上司に次の会議でていい?って聞くと
「can じゃない must だ ケンがでるのは義務だ」
って言われた みんなと同じように発言の機会を与えられ 仕事を割り当てられる。 さて どう期待にこたえようか?期待を超えてみようか?

自分が中心の学校の植林もよかった
最近近郊だけ解禁された村活動 各学校の校長に行けること・植林の大切な時期にいなかったことを謝るメールを送ると
また一緒に活動できること・会えることを本当に喜んでくれた
そして植林してないだろうな・・・ 苗みんな死んでるかな・・・
って想像しながら学校を回ると 6校中5校がきれいに植林をしていてくれた
「ケンに早くこれを見せたかった 私たちはみんな大満足だよ」
ああ なんていい仲間に恵まれたのだろう
自分に感謝してくれる先生方 握手や言葉が本当に心に響く そして いつも補助してくれる同僚たち う~ん ワイグヤいいね~

「世界を変えるのは行為ではなく認識だ そしてギリギリまで行為を模倣しようとする認識もある。ここまでが私、そこからは私ではない。なぜ私は敢えて私でなくなろうとするのか。」

色々 何でも考えず始めたり、手出すのは「そこから先」だって自分で認めてる部分があったし理解してるつもりだった。
同僚や先生がたのやさしい瞳と言葉を浴びると身が引き締まるし、やる気が出る
ギリギリの先に達成感があるのなら、それを喜んでくれる人がいるのなら、世界を変えるのは行為だと信じ(認識?)進んでよいと思う

f0204711_19125250.jpg



植林休憩中 のんびりとしてると ロバがパカパカ



f0204711_19145430.jpg



植林前 村長を待つ村人 じ~っとうごかない 日常は朝から晩までこんな感じ



f0204711_19164445.jpg



首都から環境を学びに来た子どもたち 帽子やTシャツはピカピカ 村の子どもたちはうらやましそうに見てた なんかギャップ感じた



f0204711_19175065.jpg



植林の前に 計ったり穴掘ったり 同僚と村を回って準備する バイクで亀踏んだり 沼にはまったり 酔いつぶれたり ガス欠になったり でもいつも笑いがたえない


f0204711_19192498.jpg



村人に植え方を指導する上司 「ポットは木が着ている服なんだよ」とかやさしく説明


f0204711_1927897.jpg



植林後むらでおもてなしを受ける ラマダーン中でほとんどの村人は唾さえ飲めない過酷な植林活動・・・



f0204711_19294493.jpg



草原で 放牧する少女 朝も昼も夕方も座ってた 一緒にお茶した なんかアフリカ
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-09-02 19:42

蚊が多い

忙しきバスの旅でした

第2の都ボボに語学研修でいった 緑と蚊と雨の多さにびっくり 芋虫おいしいと食べまくる隊員に驚き 食べてみるとまずくはない 一年ぶりに食べたカツカレーとブルキナでは諦めていた線香花火に感動 一年ぶりのボボは思ったより 汚い町だった

そのままブルキナのオアシス バンフォラに同期旅行でいった 遙かなる地平線を見てアフリカを実感 観光地は意味不明な休憩小屋があり皆ガックシ さすがブルキナベ  ニャンソゴニ崖に造られた村は圧巻 そこに滝とバオバブ いいな~バンフォラ

そのまま一番暑いドリに青年省の植林イベントでいた 雨期だけに草が生えていた 起伏があるしデカイモスクあるし あらためてワイグヤ焦燥感 アルカイダ対策で首都から警備がつき バス13台・車7台の大行列 行き2台故障 ドリで1台うまり、それを避けようとしたやつがあわや横転で埋まる(自分たち乗ってたやつ) この時点でバス四台撃沈 なんてサバイバルな でも満点の星空
参加者は公務員みたいなブルキナ人と各国ボランティア ブルキナ人はガンガンバスからゴミをすて キャンプファイヤーではそこら中ゴミ あんたら植林しにきたんじゃないの!? 夜の日本人紹介で代表で話した際それについてふれたが どれだけ伝わったか・・・

日本にいるときに比べたら楽って もっとなんかしなきゃって ずっとあせってた
いまの学校植林活動 女性支援を基本に
単発ガンガンいれよって考えて
10月から SIAO参加(2年に一度のアフリカ民芸一展) 英語交流(農高) 絵画交流展示会(帯広) ほりけ杯(サッカー支援物資より)

でも これをフランス語でやらなきゃいけないっていうのを見落としていた・・・ 

f0204711_301235.jpg



ばんふぉら


f0204711_313026.jpg



うきだな~


f0204711_321981.jpg



木はこぶおばちゃん これは重いぞ


f0204711_331041.jpg



中に10人入れるバオバブ 雨季は葉が茂ってて残念



f0204711_33396.jpg



ぶるきな


f0204711_362274.jpg



ドリ植林
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-08-26 03:15

先週 ワガ上京ギリギリで 雨が降り 2年間の活動で中心にすえていた 植林をすることができた 今まで苗から各村で育ててきて 生き物の成長の過程をドギドキしながら 見てきた
結局 村活動が禁止になったため 市内の学校1つのみ行った(村は見たかったが それぞれ植林してもらった)
なんか これまでのこと 惜しみない協力 たえないアフリカントラブル それを笑って乗り切ってきたこと 色々おもいだした 

f0204711_17144775.jpg



ワガ上京し 避難したピースコー(アメリカボラ)とご飯を食べた もう任地で会えないこと これまでのバカ話 自分たちが お互いに苦手なフランス語で会話してること 笑いながら語った

3月帰国だと思うと こういう1つ1つのことが 自分をしんみりさせる ここの時間の流れが もうなつかしい


f0204711_17155530.jpg



雨季 この時期は動物ネタがおおくなるのだろうか?


f0204711_171871.jpg



我が家で飼うことになった亀 名前募集中


f0204711_17213182.jpg



同僚がワニ捕った~ って自慢げに環境省に持ってきた 頭もってはしゃぐ秘書・事務員
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-08-01 17:26

中標津がなつかしい

最近 アルカイダ騒ぎで仲の良かったアメリカやEUの仲間がいなくなり
ワイグヤちょっとさみしい

やさしい人 仲のいい人 外人に理解のある人は 分かりやすいフランス語で話してくれる
でも 会議や 初対面の人と話すとき TVやラジオを聴くとき そんなうまくはいかない むしろさっぱりわからん
みんなの やさしさに感謝しながらも 自分の状況を誤解してはならないと思う

日中はいつも40度以上だけど カラッとしてるので感じない
50度をこえる4月ころも耐えられた
そこに雨が降ると 風も寒くなり気温は一気に30度以下になる
そんな寒いときに
「飲みな」
とやさしく出される現地ジュース(ウェダ)
今は飲みたくないっと 思うのだが 持ってみると温かい 40度近くあるのだろう 今まで これを飲んで涼んでたのか~

去年この時期に
「なんて暑いんだ!」
って言ってたのがなつかしい
最近涼しい

日本から パンツと粗品タオルが届けられた
これまで パンツたちも タオルたちも 相次ぐ仲間たちの離脱により 中2日という過酷なローテーションを強いられてきた。 彼らはそんな厳しい日々から やっと 解放される
新人たちよ ブルキナの木やイスには気をつけろよ 危険がいっぱいだからな


f0204711_184227.jpg


雨と 風の中 歩く 環境省のガードマン
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-07-27 18:43

雨季きた~

首都で 総会と健康診断があった
ありちゃんとアフリカンダンス踊った ふぅ楽しかった!

健康診断は何の虫だかわかんないけど いた(薬飲むだけ)
ワイグヤに帰ってくると うちのガルディアン身体中パンパンに腫れてる・・・ そして手や足のいたるとこに穴が 穴からは一日中膿が出てる そして臭い
水か食べ物から体内に入った虫が 皮膚を食いちぎって出てきたらしい
ブルキナは 西アフリカの中でも水が危険だと聞いてはいたが ここまでとは・・・ かなりショック受けた


f0204711_17563160.jpg



ガルディアンの手


f0204711_17584972.jpg



ワイグヤの高校生 信頼してる二人


f0204711_1821850.jpg



総会でダンス アヴェック ありちゃん!
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-07-12 18:05

雨ふらん

いつも夕食を食べるレストランのマダムが出産した。
出産前日まで働いていた 出産の次の日には働き始めてた
出産30分後 「赤ちゃん見においで」っと連絡がきた
サッカーそっちのけで見に行くと 白い赤ちゃんがブルキナの母に抱かれていた。
赤ちゃんの手には「お守り」がつけられていた
年末年始、知り合いが相次いで亡くなったとき、生まれてくる赤ちゃんだけでもって思い
マダムにあげたお守りだった
マダムは出産日まで 毎日お守りに赤ちゃんの健康を祈っていた 
マダムの赤ちゃんに対する愛情は産まれる前から感じていた
産まれたばかりの赤ちゃんの手についたお守りと マダムの笑顔を見たとき
本当に心から おめでとう って言えた

ちなみにマダムはイスラム教 あげたのは「なんとか神社の 厄払守り」
まあ 愛はすべてに勝る

サッカー大変なことになってる アフリカの団結力はすごい ブルキナ人も出場していないが自国のようにアフリカ勢を熱狂的に応援する しかし アフリカ勢が敗れまくる中 コートジもがブラジルに完敗した その夜、次の日は みんないい訳すらしない サッカーの話題が消えた さすがに冷やかしたりする雰囲気でもなく ちょっと怖い

先日 うお!ブルキナに花火が売ってる!って買ったら お香だった
今 家が毎日オシャレな香りです

f0204711_20191267.jpg

[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-06-22 20:20
今 自分の活動は大きく2つある(心情的に)
1つは、自分で開拓し お互いに問題を共有し 感謝し 切磋琢磨しているもの。
  8小学校 1高校 3NGO 3女性グループ

もう1つは、前任者から引き継いだ活動。(物の支援をされている)
  苗作り組合 環境省苗畑

前者は、最初こそ物の支援を頼ってきたが、今は工夫して乗り越えることを考えている

後者は、1年経つ今でさえ物や金の要求。前任者の影響は大きい。活動は軌道に乗っている。彼らにしたら省力化や時間短縮のため日本の資本に是非頼りたい。色んな面で改善の余地はあるのに、でも、技術もしっかりしていると思ってるし、労働環境以外には満足していて、自分にできることがそんな金銭面の支援しかないなら もう協力するのやめよっ 勝手にがんばって って考えてしまう。
ま その考え方が 幼稚であり 自分の短所!ってことは分かってるから グッと こらえよう!
ま そんなに悩んでない これが自分の長所! 気にせずワールドカップに集中しよう!

このワールドカップをアフリカで見れるのってすごい 全試合生で放送され 世界中の色んな歴史・現在の問題 アフリカ人の気持ち サーかーのプライド 広い目で見れて 全試合がとても重要で歴史的な気さえする


f0204711_218995.jpg



そこらじゅうの村が3箇所の試験会場(小学校)で6年生卒業テスト 朝まで先生もここでご飯食べたり寝たり もちろん外でゴザ一枚


f0204711_2193490.jpg



3日間泊りがけ もちろん各村に帰るなんて不可能 深夜まで ワイワイ勉強 真っ暗 やっぱアフリカいいなぁ 自由だなぁ


f0204711_2214725.jpg



そこら中に200人の子どもが寝てる 星とランプの光のみ


f0204711_224147.jpg


「雨季を告げる虫」 っというか雨季に出てくるダニ!
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-06-16 02:32

雨季か!?

雨だ~! 10ヶ月ぶりに雨季!
砂ぼこりで見えなかったアフリカの夕日を久々に見た

ガーナでスタッファ(腸詰め機)かって 任地で初めてソーセージ作った
こっちにはバラとかロース、ヒレとかは存在しない
部位なんて関係なく 肉は肉! 骨ごと砕いて 焼くかスープに入れるのみ!
だから、保存や硬い肉を有効利用するのがソーセージ
っていう日本の理屈が通用しない
ケーシング(腸)なんて売ってるわけなく 肉の解体から手伝い ぐっちょんぐっちょんに 切られる前に自分で取り出す くさい でも こんなこと日本じゃできないから 家で腸を洗いながら ニヤニヤ
肉加工品は高級なイメージしか彼らにはない でも 作りたいって色んな人が食いついてきてくれてる

しかーし イスラムが多いためブタ以外で作らなきゃ
ま 前回ブタ入れて作ったら たくさんのイスラム信者が
「ブタは食べたことない が ケンが作ったなら食べる」って食べてた
わけわからん いいんだろうか 彼らの今までの長年の信仰心は何だったんだ?



f0204711_1822493.jpg



肉の売られている風景


f0204711_1824487.jpg



とさつ場では 庶民の憩いテ・シノワ(中国茶を一日中飲む)に肉が加わる


f0204711_18263098.jpg



とさつ風景 ソーセージ作り ここからやることになるとは


f0204711_18282461.jpg



肉や骨を激しく叩き切るため 体中に飛ぶ 肉や返り血


f0204711_18303873.jpg



我が家


f0204711_18321954.jpg



豚肉ソーセージを笑顔で食べるイスラム教徒!
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-06-07 18:45

さすが ガーナ

ガーナ

隣の国なのにここまで色々違うとは!!
食パン文化!(イギリス領)ブルキナはフランスパン!(フランス領)
生まれた曜日で名前がある クエシ ケン(自分が日曜生まれって知らなかった)
海がある(貿易、海産物、泳げる)ガーナ人ウニ獲ってた
雨多し 熱帯雨林 ココナツたくさん! 上のほうでも自然が多い

なによりも歴史を見ることができる
ケープ城・エルミナ城はすごかった(奴隷を貿易するための海沿いの城)
観光気分で行った自分がバカだが あまりになまなましく 心にドシンときた こんな所に人が入れられていたなんて こんなふうに船に乗せられたなんて

どちらの城も白人の旅行者がいて ガーナ人がガイドしていた 彼らはどう見ても人どこの様に話しを聞き写真を撮っている
説明しているガーナ人はどんな気分なんだろう?
ここにきた白人は何を考えるのだろう?
まっす ようさん ようこ 学校で生徒と考えてみてほしい

このケープ・スニャニ・タマレ・アクラでたくさんの隊員から信じられないすばらしい接待を受けた ガーナ旅行者で これだけおいしいものを食べ 村や文化に触れた英語できない日本人はいないだろう!!
みんなのたくさんの活動や努力を見ることができて めっちゃやる気でた


f0204711_0482832.jpg



ガーナのイスラム教住宅 キリストの強い国であることが分かる なんで支配してきたイギリスの宗教を信じるのだろう


f0204711_0505898.jpg



ケープ城 多くの白人とガイドの黒人 海岸線には漁船が並ぶ


f0204711_0532934.jpg



朝 家を出ると ココナツ取りをしてる人が 鳥の卵も持って降りてきた


f0204711_0543132.jpg



ガーナ料理 パーム油赤いやつがポイントらしい おばちゃん太い


f0204711_056170.jpg



スニャニの村 手前の黒いやつは大量に刺したカタツムリ 高く売れる 自然があり収入源がある辺り やはりブルキナと貧困レベルは違う


f0204711_0573978.jpg



きのこハウス 北のほうではたくさんあった ブルキナより壁に潤いがあり きれい


f0204711_11111.jpg



隊員バイクと道 しょうこ写真
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-05-28 01:12

ワイグヤ

お~ 何を書こうってくらいめまぐるしいな

高校にて2ヶ月前から進めてた企画が終わった。
何度やめようって思ったか、話がでかくなっちゃったし、
でも当日、終了後の感動を想像し進めた
終わった今、出会った人、心に残った言葉、笑顔、感動は想像以上だった!

環境省も おもしろい
もちろんたくさん問題はある お金、人材、道具、気候・・・
でも今は自分の考えに賛同してくれる人が増え、問題を共有してくれる人たちがいる あとは自分がやるっきゃない

にしても最近朝から晩まで楽しいなぁ

f0204711_2305968.jpg



そと歩くとこうなる 目が痛い 吹雪の北海道みたい


f0204711_23135170.jpg



まっぴるま 息をするのも 目を開けてるのも苦痛


f0204711_23181912.jpg



学校で給食作った(日本食) 昼外は50℃行ってる ここはそれ以上暑くて なおかつ煙い


f0204711_23211331.jpg



高校で授業 一クラス何人いるでしょう? 最近黒くなったなぁ


f0204711_23241484.jpg



そのうち特集しよう 最近仲いい音楽グループ ガンガンひびく 毎回感動 アフリカ万歳!


f0204711_2329045.jpg



一番信用し尊敬してる同僚 村にビール持参 もちろん温かいです
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-04-25 23:39

精神と時の部屋

ほんとに暑くなってきたな~ 日陰で48℃! バイクもチャリも 熱風!
身体からこんなに汗が出ていいものだろうか? 1日500Lくらい  外でも寝れない 衣食住 ここは食だけで生きてる人が何人いるだろうか それは問題だが 自分も家は荷物置きだし 裸が良い
今 さそりとヘビが増えてる サソリは小さく カラッと揚げて お好み焼きに入れたらおいしそう(やる) 
雨(水)がどれだけ人間や植物に大切なものか身にしみる
どの植物も雨季に子孫を増やすためカラッカラな実(種子)をつけ始めている  この時期 マンゴーだけそこら中でジューシーな実をつけだした どこに水分ためてたんだろう? おもしろい
二日連続で村と村の間でパンク 地獄をみた~
今日何ヶ月かぶりに夕日で空が真っ赤になった(12月以来?) 毎日砂ぼこりで朝夕太陽はボヤ~っとしか見えない

今ブツブツがブルキナ隊員ではやってる 自分も手腕、首胸、もも、なんかそれぞれ違うブツブツがでてる 汗か マンゴーか 暑さか 太陽か 水か 虫か ただ皮膚弱いのか

日本は新年度 暑さ終わったら手紙かこう お 暑さが終わるのは日本に帰るときかぁ!


f0204711_17244222.jpg



なんでこんな暑いとこで 銃の手入れするんだろう~


f0204711_17295441.jpg



小学校発芽 ホッ


f0204711_17323826.jpg



う~んTシャツあってないな~


f0204711_17352432.jpg



仕事風景(内容:机)
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-04-21 17:39
日本では やさしくされること 人からしてもらえることを ある程度予想したし ありえることでしかなかった それぐらい気を回せよって 思うことだって多かった
だから 過剰に反応したり 泣いたほうがいいのかな ってかんがえるようなこともあったなぁ 

2月
ブルキナ高校生が サッカーの試合に出たい 人数はいるから 指導してほしいって 本気の目で言ってきた
グランドもボールもない でもどうにか 今日まで工夫してやってきた
最初なんて 町内3周!って言ったら 大喜びでダッシュ 中農みたい

6月の試合に向け 本気の彼ら それが伝わってくるから ガンガンかかわってる

そしたら今日! グランド行ったら みんなニヤニヤして集まってきて 
「ケンすぐバテるから水ボトル用意した、あとこのイスと笛使って」
って渡された

日本ではあるかも でもブルキナでこんなことはないって 勝手に思ってた
今でも その笑顔が頭から離れない
うん 今夜は飲もう かんぱ~い!

P.S まず6校で実施した苗 発芽! ばんざ~い!

f0204711_21131727.jpg

[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-04-05 21:14

サッカー

今までもそうだけど 最近ワイグヤの人たちといると感動することずくし それで毎日疲れるくらい

いや~ 小学校のサッカー大会 サッカーとつくものはすべて異常に盛り上がる それがブルキナ

いつもサッカーやってるボゴヤ村の小学校が準決勝までいった(うまいし、強い)
初めて試合を見に行って ビックリ!

村から各チームが中心のワイグヤ市に集まる 歩きで!!!
ボゴヤからも選手、父兄、そこらへんのおじさん、全校生徒が歩いて来た! 
歩く距離ではないな

試合時間になっても対戦相手が来ない(シサンバ村)
ボゴヤ以上に遠い 暑い中 日本の学校の遠足で実行したら 訴えられるのでは
30分遅れで来た

f0204711_1325442.jpg


試合かと思いきや ライン引き!
準決なのに超テキトウ! しかも子供たちが地面を裸足で削る それがライン
ワイグヤのグランドは かたい 試合以上に過酷では

試合中 みんなの興奮は普通じゃない 歌い踊り叫ぶ

f0204711_136257.jpg


選手は利き足にソックスを履く 足りてないからしょうがない うれしそう
シサンバ小は全員裸足
めっちゃ本気 ダッシュは速く ドリブルは柔らかく 接触は怯まず 緩めることをしない 
日本の小学生と試合させたい

f0204711_1402788.jpg


負けた 試合後 中央に人が集まってる 挨拶か そう思い込んだそこら中の人が集まり大混乱に
挨拶のためではなかった なぜかと言うと 顧問(教師)同士で口論になっていた
内容は、遅れた時点で無効試合だ 再試合か不戦勝だ という話
応援に来ていた先生方、父兄、へんなおじさん、子供たち
言い合いながら ときに笑い 最後には握手して別れていくブルキナベ

これほどサッカーが好きなんです

ワールドカップは たぶん やばい
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-03-22 01:41

あつい

久々のワイグヤ 落ち着くなぁ 
環境省で計ると 室内36.4℃ 日陰44℃ 日向50.7℃
う~ん 北海道の気候はやっぱすばらしい

う~ん ブルキナはこれからも人口が増え続ける 人口に比例して発展の時はくるって うれしい言葉を聴いたけど たぶんそうだと思うけど この暑さと 乾季は 発展とは関係なく 続いていくのかなぁ

カラッと乾燥してるからそれほど感じないけど 家の中がつらい・・・

イスもベットも ホット!

マンゴーの季節だぁ あまい

f0204711_2512138.jpg


孤児の子達に 変なスープ(シチューとカレーの中間のような)配った
親も子供たちも すごく喜んでた ああ 幸せな夕べなり
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-03-14 02:54

ケニア研修

ケニアに行けてよかった アフリカは広い 西アフリカだけ見てアフリカは こうなんだって決め付けなくて良かった

エチオピアとケニア 観光大国だけあって
発展 自然の豊かさ 景色 動物 民族のアイデンティティの豊かさは ブルキナの比ではない
うむ これこそライオンキングの世界だ

自然見たければ東アフリカ 砂漠と文明見たければ北アフリカ サッカー見たければ南アフリカ それ以外なら西アフリカ って感じですか!?

ナイジェリア 南ア コートジとかもそうだが ナイロビも 発展にともない 貧富の佐賀激しくなっている 犯罪も多いらしい 実際こわかった

マサイの人と夜火に当たりながら話すチャンスがあった 服装、耳の大きな穴などを見て最初観光気分で写真取れればいいやくらいに思ってた。 でも彼らのライオンに砕かれた手や肩の噛まれた痕をさわったり、話と聞いているうちに(ケニア、タンザニア隊員スワヒリ語してくれた) 観光者なれしていない彼らのオーラに ドキドキした 写真を撮る雰囲気ではなかった 一番の貴重な体験

発展する都市 観光で際立つサファリと民族 30年後にはまさいも同化する そう話す彼らの苦しみ、悲しみを知った

帰りの飛行機 緑豊かで年中涼しいナイロビを発ち ブルキナ上空に来たとき 任国を再確認 緑なし! 飛行機降りて 顔をしかめる暑さに 同僚と笑ってしまった

f0204711_17553538.jpg



サファリいった ブルキナサファリと違った・・・ あきるほど色々いた これぞTVの世界! でもブルキナのは日本人の度肝をぬくものだったな
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-03-05 18:09

首都でまったり

今日 おばあちゃんからスカイップがきた!ビックリ! なんてハイテクな

f0204711_7145423.jpg

さあ ブルキナとケニアはどこでしょ~
来遊からケニアに研修いってきま~す 陽気でとてもポジティブなブルキナベと二人旅 まず間違いなく激しいたびになるだろう・・・ パスポートとった!?黄熱病注射した!?英語大丈夫!?研修だよ! すべての答えが「どうにかなるさ!」 なんて気の会う人でしょう


f0204711_7303745.jpg

まず これが世界ってことがわからない まだ習ってないだけかな 小学生はもちろん日本の位置知らないが 先生方でさえここが日本?ってイタリアやイギリスを指す  異文化理解って だからおもしろい

ようこへ 榊町小用 写真で~す
現実を伝えたかったんだけど のりのりの先生方が色鉛筆を用意したり いつも机足りてなくて 地べたで授業受けてる子たくさんいるのに この手紙書くときだけ 他クラスから運んだりして 用意してくれた まあ このやさしさもブルキナの現実



f0204711_7314274.jpg

書いた絵を持って


f0204711_7324057.jpg

校庭に木を植えるために 堆肥作り 動物の糞を集めるの 嫌がる子なんていない


f0204711_7334585.jpg

この子達の唯一のクラス 榊町の子には想像してもらいたい 教室の掲示、棚などが一切ないこと 音楽室や他の教室、職員室、な~んにもない学校を ちなみにトイレは穴のみ 写真はのせれないかな


f0204711_734401.jpg

服や靴を見てほしい

サンダルは300Fcfa (60円)で買える それが買えない大人だってたくさんいる

あ だれかこれ参加しない?

◆世界一大きな授業◆
「ゴールはひとつ!世界中の子どもに教育を」
2010年4月20日(火) 参加校募集中
∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

NGO 28団体が参加する教育協力NGOネットワーク(JNNE)は、すべての
人が教育を受けられる世界を目指して、途上国の教育支援を日本に広める
活動を行っています。

2010年はアフリカで開催されるサッカーのワールドカップ(6~7月)にあわせて、
FIFA(国際サッカー連盟)と連携して、教育のための資金について考える
「世界一大きな授業」を世界同日(4月20日)に行います。
無料のポスター教材を使って、ぜひ皆さんの教室でも授業を実施してください。

昨年のキャンペーンには、日本の小中学校153校から約2万人が、世界では
1200万人以上が参加。サポーターには、ゼップ・ブラッター氏(FIFA会長)、
各国サッカー選手、ラーニア王妃(ヨルダン)、ゴードン・ブラウン英国首相、
ヒラリー・クリントン米国国務長官も名を連ねています。

皆さんもぜひ、世界中の子どもたちの教育を願うキャンペーンにご参加ください。


【日時】    2010年4月20日(火)
         ※教材を使って、30分程度の授業を実施していただきます
【参加費】   無料 (ポスター教材、教員の手引き、映像DVDを無料でお届けし
ます)
【対象】    全国の小・中学校、専門学校、塾、ゼミなど
【申込方法】 4月8日(木)までに、FAXまたはEメールにてお申し込みください
         詳しくはこちら: http://www.jnne.org/gce2010/commit.html

【主催】 教育協力NGOネットワーク(JNNE)
【共催】 立教大学ESD研究センター
【後援】 文部科学省、国際協力機構(JICA)、開発教育協会(DEAR)、動く→動
かす

■詳しくはキャンペーンのウェブサイトをご覧ください
http://www.jnne.org/gce2010/

支援とは何か?ブルキナは支援される側か? そんなブルキナで 参加するって 勝手に決めた!
[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-02-18 07:36
よくアフリカ大変だね って言われる
環境は激しいけど めっっっちゃ充実してるし 楽しんでます!!

一瞬一瞬がドキドキする 感動の連続 
出会い 目に映るもの 感じるもの 2年間あっという間に突き抜けそうだ
体重以外は心配なし!

言語、基本はフランス語、モレ語、ジュラ語
最近、日本語の挨拶にはまってます(学校でのコミュニケーション)

農高 そろそろ卒業へのカウントダウン
中標津を思い出すと泣きそうだ



f0204711_19495034.jpg





f0204711_1955262.jpg



f0204711_1957582.jpg



[PR]
# by kenhorike5533 | 2010-02-14 02:28